Bitcoin Cashはビットコイン?BTCの名前に関する訴訟争いは終わらず

2018年4月30日のCoindeskのニュース記事において、ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)?ビットコインの名前に関する訴訟争いは終わらない、という最新ニュースの発表がありました。

 

このニュースは、ビットコインの神とも呼ばれるRoger Ver氏が運営するBitcoin.comが、ビットコインキャッシュをビットコインとしてラベル付けしたことが問題となり、詐欺罪としてRoger Ver氏が訴訟されていることに関する内容となっております。

 

この最新ニュースで述べられていることについて見ていきましょう。

 

ビットコインキャッシュはビットコイン?ビットコインの名前に関する訴訟争いは終わらない

ビットコインキャッシュ

 

Roger Verは詐欺のために刑務所に行く(戻る)に値する

 

ビットコインの複雑な仕組みに没頭していない人々にとっては、Ragnar Lifthrasirを、かつて「ビットコインの神」と呼ばれていたコミュニティの早期導入者かつ熱心な伝道者が投獄されることを望む、自称「ビットコインの熱狂的な支持者」であると考えるのは奇妙に思えるかもしれません。

 

しかしLifthrasirだけが、Verをもう一度留置させたいと思っているのではありません。(Verは2002年にeBayで爆発物を売ったことで懲役10ヶ月の判決を受けました)

 

彼の糾弾はわずか24時間で500回以上リツイートされ、同じ件に関してRedditスレッドは複数の詐欺告発と刑務所要求を特集しました。

 

さらに、Roger Verが所有する教育サイトであるBitcoin.comのデータを可視化するためのツールであるブロックエクスプローラが、去年の8月にビットコインをフォークしたブロックチェーンのバージョンである「ビットコインキャッシュプロトコル」を「ビットコイン」であると、たくさんの人が見なすようラベル付けしていたことに気付いた後に、それらの申し立てが始まりました。

 

まさに「ビットコイン」でありますと。

 

多数派の人が2つの競合している仮想通貨をどのように定義するのか、からわずかに逸脱したLifthrasirのような多くの人にとって、最後のわらでした。

 

実際、2つのグループの間に1年近くの内戦が続いた後、一部のRedditユーザーはついにBitcoin.comをFBIのインターネット犯罪苦情センターに報告するよう呼びかけました。

 

そして、執筆の時点で、「Bitcoin.com lawsuit crowdfund」と呼ばれるテレグラムグループは、900人以上のメンバーを迎えました。

 

ビットコインキャッシュのブロックチェーンや仮想通貨市場でのもう一つの実験としての潜在価値に対して肯定性を表明した人々でさえ、愕然としました。

 

仮想通貨愛好家であるペンネームのコブラは、CoinDeskに

 

私は犯罪行為だと思います

 

と語りました。

 

コブラは続けました:

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインのホワイトペーパーに記載されているものと似ているという個人的意見があるのは間違いありませんが、実際のビットコインについて学ぶために毎日何千人もの初心者が訪れている商用ウェブサイトにビットコインキャッシュ自体をビットコインとして提示していることはただの詐欺であります。

 

ラウンド2 ...または3?

元に戻って、Roger Verが自身の中で中心に見つけた戦いは、むしろ、誰がまたは何がビットコインを定義するのか、についての長い議論です。

 

それはコードですか?ホワイトペーパーですか?

 

また、おそらく事実ですが、CasaエンジニアのJameson Loppは、

 

ビットコインを定義するWebサイト、フォーラム、ソーシャルメディアアカウント、基盤、コードリポジトリ、カンファレンス、エンタープライズアライアンス、あらゆる種類の組織は存在しない

 

と主張しています。

 

確かに、さまざまな解釈がありますが、共通の基準点として明確な合意が不足しているということが悪化しています。

 

2009年に発行された元のホワイトペーパーで言及された言葉である 「ピアツーピアの電子現金システム」という「サトシナカモトのビジョン」を真のビットコインならば満たさなければならないということは、何年間にもわたってたくさんの回数表現してきたVer自身の信念です。

 

そしてこの強い歴史的合意の欠如は、最近の公的声明でこの事実をおそらく強調しようとしていると思われるVerにとってネタになっているようです。

 

実際にBitcoin自身のソフトウェアは、競合するバージョンがある場合に、ソフトウェアを実行している人がトランザクション履歴の妥当性を判断するのを支援するため、目標はいつも同じですが、何年にもわたって複数の解釈を導入してきました。

 

今日まで、コンピューティングプログラムにはコンセンサスルールに「ベストチェーン」ロジックと呼ばれるものが含まれていますが、元の実装方法とは異なります。

 

ローンチ時には、

 

正しいビットコインブロックチェーンとはマイナーによって提供されたデータの最大ブロック数を持つ「最長チェーン」である

 

とルールでは述べていました。

 

非常に早い時期に、そのルールは、ブロックチェーンを更新して保護するマイナーによって費やされたコンピューティングパワーである「仕事の証明」が最も多いチェーンに従うように変更されました。

 

開発者は、「最長チェーン」ロジックに欠陥があると主張して、その変更がより良いものであることに大いに同意しました。

 

しかし、「最長チェーン」は、ビットコインキャッシュのフォークに至るまでの議論やそれ以降のフォークの議論において企業が頻繁に呼び起こしたとしても、何年にもわたって議論の要素となっていることは注目に値します。

 

挑発

それでも、Verの論点は古い議論に根差しているかもしれませんが、それは怒りに火をつけると思われる彼の意見を広めるための彼の方法です。

 

例えば、金曜日に、Verはビットコインキャッシュへと信用する基準(低額手数料、迅速で信頼性の高い支払い)を含むソフトウェアの一部が「ビットコイン」とみなされるすべての点のリストをツイートしました。

 

事実、彼は、ほとんどProof of Workである「最長のチェーン」を除いて、ビットコインキャッシュがあらゆるカテゴリーにおいてビットコインコアを打ち負かすと主張さえしています。(ビットコインコアのマイナーというネットワークは大きいので、そのチェーンは確かにより多くの計算能力を持っています。)

 

しかし、主にVerがビットコインとしてビットコインキャッシュを言及しているため、引き続き緊張が高まっています。

 

しかし、CoinDeskと話をしながら、

 

「ビットコインがオープンソースであり、許可なし」とするのは「奇妙に思える」

 

と言い、彼は自分の行動を擁護し、訴訟の脅威を却下しました。

 

要するに、Verは、彼がビットコインと信じるものを口述するために、誰かをそして何かを必要としないと信じています。

 

これらの主張は過去のビットコインと宗教との比較に影響を与えてきており、テーマは過去1週間で再び現れました。

 

確かに、Verは説教をしている誰かの情熱をもって話します。

 

4月の会議では、

 

ビットコインキャッシュを本当のビットコインとして受け入れることを拒否することは、テクノロジーの採用を遅らせ、「より多くの赤ちゃんが世界中の国で死んでいくことを意味する」

 

と述べました。

 

それは、その誇大宣言のためにとても大きな冷やかしに役立つコメントです。

 

それでも、ビットコインコアの開発者やそのソフトウェアに忠実な人たちによって、このようなトゲが始まったことは注目に値します。

 

例えば、TwitterユーザーであるArmin van Bitcoinは、ビットコインとしてのビットコインキャッシュのマーケティングにおいて、「猫要らず」を宣伝するVerを非難しています。

 

コンセンサスの欠如

一方で、ソフトウェアの開発者は、すべての内戦について本質を認識していないように見えます。

 

尋ねられたとき、ボランティアグループからのいくつかの代表者は、

 

ソフトウェアの分散的性質のために、ビットコインを構成するものについて本当の答えがない

 

と述べました。

 

究極的には、客観的にビットコインを定義することはできないと思いますが、試していきたいと思います

 

と、ペンネーム「Shinobimonkey」という長年のビットコインコアの主張者は語りました。

 

そして、これには多くの理由があります。

 

Lightning Labsという次世代ビットコイン技術を開発している企業のCEO、Elizabeth Stark氏が例を挙げました。

 

政府がビットコインブロックチェーンを「攻撃」し、「最長有効チェーン」を所有していて、そのルールを変更できると想像してください。

 

それは必ずしもビットコインではない

 

と彼女は主張しました。

 

ビットコインは、有効な最長のチェーンであるということが重要な要素である共有型で集団的な考えです。

 

と彼女は言いました。

 

他の意思決定の枠組みも同様に不十分であると指摘した人もいました。

 

フォード・モーターズに勤めていた人がそこを立ち去り、フォードよりも価値のある新しい自動車会社を建てた場合、それは魅力的にフォード・モーターズとなるだけではない

 

とShinobimoney氏は付け加えました。

 

法的措置はありそうでもない

それでも、この点においてVerを訴えようとする人がいるのはほとんど確かでありますが、仮想通貨に関する弁護士であるJason Siebertによると、成功の見込みは薄いようです。

 

苦情をするのは、ビットコインを購入したと思っているBTCの代わりにBCHを購入した人だけでしょう

 

と彼は最近書きました。

 

たとえ私個人が民事訴訟を起こすとしても、是正処置または罰金刑を命令することしかできないでしょう。 Verは刑務所に入らないでしょう

 

と仮想通貨を専門とする2人の弁護士がCoinDeskに確認しました。

 

理論的には、司法省はVerに対して詐欺罪を提起する可能性はありますが、そのためには彼の行動は「特定の人々を欺く特定の意図」という厳密な基準を満たさなければならないでしょう。

 

Digital Asset Researchのシニアアナリストで弁護士であるMatt Gertler氏が指摘することには、ビットコインキャッシュが本当のビットコインであるというVerの公的な主張は、彼が故意に真実を誤って伝えていたことを証明するのを困難にする可能性があります。

 

さらに、Bitcoin.comは米国でビットコインキャッシュを販売していないため、これらの点は議論の余地があります。

 

ビットコインキャッシュを販売する管轄区域では、このページではビットコインキャッシュとビットコインコアを明確に区別しています。

 

ただ 「ビットコイン」を購入する以外の選択肢はありません。

 

そして、Verは刑務所に戻ることにはならないでしょうが、彼の独断的態度はスケーリングの議論を新しい深さまで引きずり出しています。

 

コブラが言ったように:

 

アメリカの独立戦争後と合衆国が生まれた後を想像してみてください、ジョージ・ワシントンが「アメリカ合衆国はイングランドです」と走り回って人々に語りかけ、マグナ・カルタの真のビジョンを実行していると言いました。

 

 

Bitcoin Cash Is Bitcoin? Lawsuits Won't Stop the Fight Over Bitcoin's Name

David Floyd

 

考察:詐欺罪として扱うには議論の余地がある

今回の記事の内容をまとめると、

 

Roger Ver氏が運営するBitcoin.comがビットコインキャッシュをビットコインとしてラベル付けしたために、不当にお金を失ってしまった人がいるのではないかと問題となり、Roger Ver氏は詐欺罪で訴訟されてしまった。

 

それに対してVer氏は、現在ビットコインを明確に定義するものはないと反論をした。(Ver氏自身は、「ピアツーピアの電子現金システム」を真のビットコインは満たさなければならないと考えており、ビットコインキャッシュが真のビットコインであると考えている)

 

Ver氏の行動が詐欺罪として処置されるためには、「特定の人々を欺く特定の意図」という詐欺罪の厳密な基準を満たさなければならず、現時点では詐欺罪として扱われづらいと考えられる。

 

となります。

 

現在仮想通貨は法整備が行われる途中段階であり、仮想通貨に関する詐欺の事例はグレーゾーンを含め非常に多くなっております。

 

仮想通貨に関しては、何が正しくて何が問題であるかをきちんと考え、情報の取捨選択をきっちりと行うことが大切であると考えられます。

 

ビットコインキャッシュについて以下で詳しく解説してありますので、気になる方はご覧になってみてくださいね。

 

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)|BCHとは?相場や今後の将来性
2018.8.6
仮想通貨といえばBitcoinが主流 真っ向から勝負を挑む仮想通貨、BitcoinCash BitcoinCashとは何か?初心者でも簡単に分かる概要 BitcoinCashの概要をまとめ Bitco...

 

フッターランキング

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクのステータス

取扱通貨 ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

モナ

リップル

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・コールドウォレット対応

・マルチシグ対応

使いやすさ 初心者でも簡単(アプリ無し)
通貨の購入方法 取引所のみ(ビットコイン以外も安く購入できる)
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
・板取引の手数料が全て無料
・アルトコインもすべて板取引ができる
・上場しているすべての通貨がコールドウォレット対応している(セキュリティが高い)
・BTCの最大レバレッジが20倍追加証拠金なしで可能。

GMOコイン

gmoコインのステータス

取扱通貨 ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

リップル

イーサクラシック

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・コールドウォレット対応

・マルチシグ対応

使いやすさ ウェブもアプリも使いやすい
通貨の購入方法 販売所のみ
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
大手GMOグループの子会社が運営していて信頼感・安心感がある。
即時入金手数料が無料(ほかは1000円ほどするところもある)
・ビットコインFXのレバレッジが最大25倍と国内最大
・トレードアプリ「ビットレ君」はチャートの機能が豊富で見やすい

BITPoint(ビットポイント)

取扱通貨 ビットコイン

イーサリアム

ライトコイン

ビットコインキャッシュ

リップル

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・アイ・エス・レーティングによる情報セキュリティ格付け『A』

・コールドウォレットとホットウォレットの利点を組み合わせた自社開発ウォレットで管理

・マルチシグ対応

使いやすさ ・取引ツールが使いやすい!MT4を導入

・提携銀行が多い

通貨の購入方法 取引所のみ
取引所の出来高 取引高が少な目
親会社は東証二部上場のリミックスポイントであるビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所であり、資金が豊富で信頼できる取引所
取引所独自のセキュリティ体勢で信頼度が高い
取引ツールが充実しており、初心者から上級者まで満足できる
コメントを残す

最新情報の関連記事
  • SWELL:ブロックチェーンの未来と国際的に見た仮想通貨の規制問題
  • SWELLにてサンタンデール銀行の国際決済アプリOnePay FXの拡大発表
  • SWELLにてリップルCEOガーリングハウス氏が演説 xRapid商用化の発表
  • SBI Ripple Asiaは公式にライセンスを受けた電子決済代行業者となる
  • XRP(リップル)の急騰 爆上げの4つの理由 今後のXRPの値動きは?
  • IBMとステラ(Stellar)製品(BWW)の実用化 リップルとの国際送金争い

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事