SBIによるXRP基軸仮想通貨取引所VCTRADEがナンバーワンになる方法

 

2018年8月6日のEthereum World News内のニュース記事において、SBIによるXRP基軸仮想通貨取引所VCTRADEがナンバーワンになる方法、という最新ニュースの発表がありました。

 

SBIとは、大手企業であるSBIホールディングス会社の略で、代表取締役社長(CEO)は北尾吉孝氏です。

 

SBIの子会社である、SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社(仮想通貨の交換および取引サービスを提供する会社)は、VCTRADEと呼ばれる仮想通貨取引所を2018年の6月4日から新たに開始しました。

 

VCTRADEは販売所形式の取引所であります。(今後はユーザー同士の板取引も導入していくそうです)

 

現在、VCTRADEは、XRP(リップル)BCH(ビットコインキャッシュ)BTC(ビットコイン)の3種類の仮想通貨を取り扱っています。

 

VCTRADEは、2018年7月17日より新規口座開設の申し込みの受付を開始し始めました。

 

新規に口座を開設することで、VCTRADE上での取引が可能となります。

 

VCTRADEでの取引画面は以下のようになっております。

 

 

スマートフォン版では以下のようになります。

 

 

VCTRADE新規口座解説のページはコチラになります。

 

仮想通貨取引所VCTRADEの特徴

VCTRADEの主な特徴として、XRP主軸の取引所である安全性が高い手数料が安い、という3つが挙げられます。

 

それぞれの特徴について以下で詳しく説明したいと思います。

 

XRP主軸の取引所である

SBIとXRPの発行元であるリップル社の関係は非常に密です。

 

SBIはリップル社の株式を11%保有しております。

 

SBIではリップル社と2016年に業務提携を結び、SBI Ripple Asiaを設立しております。

 

実際、VCTRADE上での取り扱い銘柄において、XRPの取り扱いが一番最初で、のちにビットコインとビットコインキャッシュが追加される形となりました。

 

またSBIの代表取締役社長(CEO)である北尾氏は、以下のようにXRPを主軸として扱うことを明言しております。

 


以上のことから、VCTRADEはXRPを中心軸とした取引所であるといえます。

 

手数料が安い

 

売買手数料

 

売買手数料は、全て無料となります。

 

そのため実質的な取引の手数料はスプレッド(売値と買値の差)による手数料のみとなります。

 

 

上図(SBIによる決算報告書)から、スプレッド(売値と買値の差)が、ほかの取引所に比べると小さいと分かり、SBIの代表である北尾氏も、

 

SBIVC(VCTRADE)では、早期に業界最小のスプレッドを目指す

 

と明言しております。

 

入出金手数料

 

入出金手数料については、下記の表のようになります。

 

銀行 入金手数料 出勤手数料:3万円以下 出勤手数料:3万円以上
住信SBIネット銀行 無料 51円 51円
上記銀行以外 無料 165円 258円

 

一般的な仮想通貨取引所では、出勤手数料に300~800円程度かかるため、VCTRADEにおける出勤手数料は非常に安いと考えられます。

 

安全性が高い

SBIの代表取締役社長(CEO)である北尾氏は、コインチェックの盗難事件を強く批判しており、VCTRADEでは強いセキュリティ体制が整っております。

 

具体的には、

 

・サイバー攻撃及び内部犯行対策(VCTRADEのなりすましサイトによる詐欺対策として、厳格な認証をクリアした企業のみに発行されるEV SSL証明書(アドレスバーが緑色になるもの)を採用

 

・盗難対策(すぐ移動させる必要のある仮想通貨以外は、コールドウォレットでオフライン保管

 

適切な管理(マネーロンダリング対策、本人確認書類による本人確認の実施、本人名義の口座へしか入出金できない)

 

・資産を守るための分別管理(日本円と仮想通貨資産の分別管理、ユーザー専用ウォレットによる分別管理)

 

などの対策をとっています。

 

また、VCTRADEでは、様々な企業と提携することによっても、セキュリティ強化を図っています。

 

 

以上のような特徴を持つVCTRADEがナンバーワンの取引所になるための指針を示した、という最新ニュースが発表されました。

 

そのニュース上で述べられていることについて、詳しく見ていきたいと思います。

 

SBIによるXRP基軸仮想通貨取引所VCTRADEがナンバーワンになる方法(原文内容)

 

今年5月にSBIホールディングスCEO(最高経営責任者)である北尾吉孝氏は、VCTRADEという仮想通貨取引所が取引量とユーザーエクスペリエンス(ユーザーにとっての使いやすさ)の面で第1位になると常に信じてきました。

 

彼は以下のように言っています。

 

私たちがそれ(VCTRADE取引所での仮想通貨取引サービス)をすると、瞬く間に1番になるのを予想しているので、たとえ膨大な数の顧客が来ても、我々はそれらに耐えられるシステムを構築することができています。我々は安全を徹底的に追求しなければなりません。

 

VCTRADE717日に公開され、最近新しい登録申請が殺到していることについて、以下のようにウェブサイト上で述べております。

 

円滑に物事を進めることができるよう、私たちはできるだけ早い段階で(登録申請の受け入れを)進めておりますが、当面は予想よりも多くの申請を受けておりますので、通常よりも処理に時間がかかることがあります。

 

事前にご理解いただきありがとうございます。

 

どのようにしてVCTRADE仮想通貨取引所はナンバーワンになりますか?(原文内容)

最近発表されたSBIホールディングスの財務諸表(財務報告書)によると、デジタル資産を基盤とした新しいエコシステムの構築を通して、(SBIホールディングスとVCTRADEの)相乗効果を創出することを(VCTRADEは)計画しており、以下のことを達成するのを目指します。

 

・国内外のデジタルアセット(デジタル資産)関連ベンチャー企業への投資拡大

 

・デジタル資産のエコシステムにおける(SBIホールディングスとVCTRADEの)相乗効果の追求と、既存の金融エコシステムと(VCTRADEとの)相乗効果

 

・仮想通貨市場の活性化に必要な状況を作り出すこと

 

※相乗効果とは、2つ以上の組織、物質、または他のエージェントとの相互作用または協力が、それら別々の効果の合計よりも大きな複合効果を生み出すこと、として定義されます。

 

SBIバーチャル・カレンシーズ取引所(VCTRADE)に関して、計画していることについて、(以下に記載しています。)

 

1.競合他社と比較して、優れた顧客サービスを低コストで提供することを通して、顧客を獲得する

 

2.クライアントや顧客にとって、狭いスプレッド(売値と買値の差)と高いレベルのセキュリティを提供する

 

3.VCTRADE上で、BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XRP(リップル)の手数料無し取引などを含む、将来のサービス拡大のための方策を実施する

 

4.厳密な反マネーロンダリング対策とセキュリティ対策により優れた入出金サービスを提供する

 

5.イーサリアム(ETH)のプラットフォーム(VCTRADEプラットホーム)への追加

 

6.CoVenture Holding Company(アメリカに本拠を置き、SBIが共同設立した資産運用会社)とともに仮想通貨事業を加速させる

 

7.アメリカのクリア・マーケッツ社(電子取引サービスを提供する会社)を通じて、仮想通貨交換取引サービスを開始する。※

 

※SBIは現在12%の株式を保有しておりますが、最大20%の株式を取得することを目指しています。クリア・マーケッツ社は、アメリカ、イギリスおよび日本で、デリバティブ(金融派生商品)電子取引サービスを提供しています 。

 

SBIホールディングスの計画は、最近公開されたオンライン上の財務報告書に掲載されています。

 

そのレポート(財務報告書)では、デジタル資産、特にXRPを取り扱う際に、どのようにして日本だけでなく世界全体でNo.1になるのを目指すのかについての企業や銀行の指針を示しています。

 

Here Is How SBI’s XRP-Centric VCTRADE Plans On Becoming Number One

 ー

 

考察:VCTRADEの普及に伴いXRPの価値も上がる可能性

SBIの2018年7月末の決算報告会にて、XRP基軸仮想通貨取引所VCTRADE(SBIの子会社であるSBIVCが運営する仮想通貨取引所)がナンバーワンになるための今後の展望が発表されました。

 

VCTRADEに期待を寄せる口コミを以下に記載しました。

 

 


VCTRADEとは、大手SBIホールディングスの子会社であるSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社(SBIVC)が運営する仮想通貨取引所のことであります。

 

VCTRADEは販売所形式の取引所であります。(今後はユーザー同士の板取引も導入していくそうです)

 

現在、VCTRADEは、XRP(リップル)BCH(ビットコインキャッシュ)BTC(ビットコイン)の3種類の仮想通貨を取り扱っています。(今後は、ETH(イーサリアム)も追加する予定)

 

VCTRADEは、2018年7月17日より新規口座開設の申し込みの受付を開始し始めました。

 

現在、新規口座開設の申し込みが(SBIVCの)予想よりも殺到しているそうです。

 

VCTRADEに多くの注目が集まっていることが分かります。

 

VCTRADEの特徴としては、

 

・XRP主軸の取引所である

・安全性が高い

・手数料が安い

 

が挙げられます。

 

SBIはリップル社と密な関係性を持っており、SBIの代表取締役社長である北尾氏は、仮想通貨の中でも特にXRPに注目しており、VCTRADEがすぐに日本でナンバーワンの仮想通貨取引所になると意気込んでいます。

 

VCTRADEは親会社がSBIホールディングスとして名前が知られているため、信頼性は非常に高いです。

 

VCTRADEが安全な取引所として認知され、取引量が増えていけば、仮想通貨(特にXRP)の価値が上がる可能性は高いと考えられます。

 

※VCTRADEの口座開設申請はコチラでできます。

 

リップルを購入するならおすすめの販売所・取引所3選

リップル取引所ならbitbank(ビットバンク)

ビットバンクのステータス

取扱通貨 リップル

ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

モナコイン

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・コールドウォレット対応

・マルチシグ対応

使いやすさ 初心者でも簡単(アプリ無し)
通貨の購入方法 取引所のみ(ビットコイン以外も安く購入できる)
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
・板取引の手数料が全て無料
・板のスプレッド手数料も安い
・アルトコインもすべて板取引ができる
・上場しているすべての通貨がコールドウォレット対応している(セキュリティが高い)
・BTCの最大レバレッジが20倍追加証拠金なしで可能。

リップル販売所ならGMOコイン

gmoコインのステータス

取扱通貨 リップル

ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

イーサクラシック

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・コールドウォレット対応

・マルチシグ対応

使いやすさ ウェブもアプリも使いやすい
通貨の購入方法 販売所のみ(ビットコイン以外も安く購入できる)
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
大手GMOグループの子会社が運営していて信頼感・安心感がある。
・ビットコインFXのレバレッジが最大25倍と国内最大
・トレードアプリ「ビットレ君」はチャートの機能が豊富で見やすい
・取引手数料は無料
・しかしスプレッド手数料は若干高い

リップルならバイナンス(BINANCE)

binance

取扱通貨 リップル

ビットコイン

イーサリアム

他100種類以上の通貨を取扱い中

取引手数料 0.1%
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・パズルピースセキュリティー

使いやすさ ウェブもアプリも使いやすい
通貨の購入方法 取引所のみ(ビットコイン以外も安く購入できる)
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
指値を入れて自分の好きな価格で購入できる
・スプレッド(売買価格差)手数料がかなり安い
・海外の取引所で有名/日本語対応している
・ハードフォークした通貨は今まで100%貰えている

コメントを残す

最新情報の関連記事
  • SWELL:ブロックチェーンの未来と国際的に見た仮想通貨の規制問題
  • SWELLにてサンタンデール銀行の国際決済アプリOnePay FXの拡大発表
  • SWELLにてリップルCEOガーリングハウス氏が演説 xRapid商用化の発表
  • SBI Ripple Asiaは公式にライセンスを受けた電子決済代行業者となる
  • XRP(リップル)の急騰 爆上げの4つの理由 今後のXRPの値動きは?
  • IBMとステラ(Stellar)製品(BWW)の実用化 リップルとの国際送金争い

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事