テンセントが20億ドルをリップル(XRP)に投資・購入することを決定か

インターネット関連の子会社を通してSNSやメッセンジャーアプリ、Webホスティングサービスなどを提供している中国の最大手のテンセントがリップルに20億ドルを出資したと言うニュースが飛び込んで来ました。

 

本当か嘘のガセ(フェイクニュース)か検証してみたいと思います。

テンセントがリップルに20億ドルの出資をするというニュース

香港のテンセントは、スナップチャット、テスラ、Spotifyにも出資しており、中国人なら誰もが使っている人気のあるメッセージアプリWechat(ウィーチャット)を運営している中国の大手企業です。

 

ちなみに、日本ではラインが流行っているためWechatは認知されていませんが、中国ではほとんどがWechatを使用しています。

 

しかも、中国人は日本人の10倍も人口が多いです。

そして、Wechat内で送金や決済もできるのでリップル(XRP)とかなり親和性は高いと言えます。

 

そんなテンセントがRippleの技術に投資するとニュースになりました。

テンセントの経営層がリップルを承認か

リップルのCEOによると、この記事を書いている段階で、リップルはもうすでにいくつかの銀行と取引を終えている状態です。

 

リップルの好材料となるニュースは、リップルの経営陣がインタビューやフィンテック会議などでリップル製品の営業・マーケティングし魅力を伝えていることから、ヨーロッパやアメリカから多くでています。

 

しかし、今回の大きなニュースはアジアからのニュースになります。

 

なにかというと香港のカンファレンスに出席した複数の情報筋によると、テンセントではマネージャー層や取締会でリップルの技術を使用することを承認するそうなのです。

WeChatのモバイル決済や送金に使用されるかも

おそらくメッセージングプラットフォームで使用される仮想通貨(デジタルアセッド)をテンセントが購入したいと思っているのでしょう。

 

議論のテーマは、テンセントがリップル(XRP)に投資し、巨額の株式を買い(10-15%)、アジア市場に独占権を与える可能性があるということなのです。

 

私たちの情報源によると、テンセントは12ヶ月でXRPを20億ドルを購入していく予定とのことです。

 

テンセントの計画は、リップル技術をWechat(ウィーチャット)に統合し、AlibabaやAmazonに対抗してモバイルペイメントの技術戦争を開始することです。

 

リップルの決済用の製品は、現在、企業、送金業者、銀行に限定されています。

 

テンセントは、リップルのxViaを、マスマーケットにアクセス可能な製品の基本ツールとして「企業、決済プロバイダ、銀行」に限定して使用する予定です。

 

ちなみにxViaとは以下のものです。

xViaとは

リップルネットに繋がるためのアプリケーションで、主にxViaは企業側がリップルネットを使いたい場合に所有するような感じです。

 

1月には、テンセントホールディングスが2015年以来初めて債務を発行した米国最大のドル建て債券50億ドルを売却し、ムーディーズの格付けによれば財務状況は質の高いものでした。

 

テンセントは来週、このオファーを発表する準備が整いました。

 

私たちはコメントを要請しましたが、返信はありませんでした。

 

我々は、あなたが取引についてのより多くのニュースのために投稿し続けるでしょう。

情報参照サイト:

https://ripplenews.tech/2018/03/14/scoop-chinese-giant-tencent-ready-invest-2-billion-dollars-ripple-technology/

 

https://oracletimes.com/tencent-to-pump-2-billion-into-ripple-xrp-and-more-banks-are-in/

テンセント側はリップルに20億ドルの出資は嘘のニュースだと反論

テンセントの広報担当者がウェイボーでフェイクニュースだと発表

引用:https://i.imgur.com/WhPj0Rb.jpg

Google翻訳で調べてみた結果

12ヶ月間で20億ドル?とても想像力がありますね。これはTencentの投資決定をしている人です。 私はほとんど私の人生を疑った。

 

ポニーはずっと前に、「デジタル通貨は多くのリスクがある」と言っていました。

 

だから、自己スタイルYYの代わりに、絶対に偽のニュースだから、私たちは興味がありません。

翻訳がうまく機能してないのでわかりづらいかもしれませんが、要するに、テンセントの広報担当者の方はテンセントがリップルを12ヶ月かけて20億ドル購入していくのはガセネタですよとおっしゃっているわけですね。

テンセントが20億ドルでリップル(XRP)を購入する必要があるのか?

テンセントの広報担当者が、リップルに20億ドル(2400億円)の出資をするという噂を嘘だと投稿しました。

 

しかし、広報担当の方が嘘だと言っても、内部側の人間であったとしても実情はわからないと思います。

 

大企業の場合、会社の経営における意思判断は広報には落ちてこない話です。

 

ですので、テンセントの広報の方であっても、まだわからない情報だと思われます。

テンセントはブリッジ通貨の魅力にいちはやく気づいたのでは

ウィーチャットがこれからもし、世界展開を狙っているとしたら、ブリッジ通貨であるXRPを持つ理由は凄まじいです。

XRPはブリッジ通貨

ブリッジ通貨であるため、中心となる通貨を仕入れておけば、為替手数料が安くなります。

 

ウィーチャットを使えば、世界中の人々とウィーチャットのプラットフォーム上でXRPを通して自動的に自国のフィアットで価値の交換ができたら素晴らしいのではないでしょうか?

 

しかも、エンドユーザーはXRPの存在すら知らず、自国の通貨でやり取りできていることになるので、為替がどうとか心配する必要はありません

 

このニュースがあながち嘘ではないのでは?と思う理由には、リップル社で働くエミさんのこのツイートがあったからです。

リップル社は中国でリップルをどう広めるかを模索している発言をしています。

 

さらにこんな発言もしています。


徐々にリップルネットのすごさに気づいた中国の企業も増えてきてます。

 

だから、私はテンセントがリップルを12ヶ月通して20億ドル購入していくのではないかと考えています。

本当だと思う理由1:Wechatは中国で決済や送金にも使ってるから

テンセントがXRPを導入する理由やリップルと提携する理由は多いにあります。

 

なぜならLINEのようなアプリにも関わらず、Wechatで送金したりすることができるからです。

 

送金のスピードで言えばどこよりも速いリップルと手を組むことは多いに意味があることだと思います。

本当だと思う理由2:ウィン-ウィン-ウィンの関係が成り立っているから

ビジネスをする上で、誰かが損をすると関係は成り立ち続けることは不可能です。

 

つまり、

 

テンセントにメリットがあって、リップルにもメリットがあって、エンドユーザーにもメリットがあるのか?という点が重要な視点です。

 

今回の場合、ウィン−ウィン−ウィンの関係が成り立っていると思います。

 

  • テンセントはリップルを導入することで送金スピードや決済スピードアップ
  • リップルはXRPの流動性が上がる
  • エンドユーザーはよりウィーチャットで送金するようになる

 

などのいい影響がお互い得られるんですね。

本当だと思う理由3:リップル(XRP)を導入しない理由がどこにもないから

リップル(XRP)を使わない理由はどこにもないのです。

 

リップルは多くの国々で脱税防止策や資金洗浄などの対策は取られており、導入しない理由がないのです。

 

リップルを使えばいい事づくしだと思います。

どちらにせよリップルが世界を繋ぐのは時間の問題かも

今回のテンセントがリップル(XRP)を20億ドルを12ヶ月かけて購入していくというニュースですが、何も驚くことは一切ありません。

 

なぜなら、毎月のように、どこかの中央銀行やどこかの国の大手銀行がリップルと提携を発表しています。

 

しかも、マネーグラムとウェスタンユニオンのような世界的な企業も続々とリップルとの提携を発表しています。

 

世界中のグローバル企業がリップルネットワークに参入してくるのはほぼ間違いありません。

 

つまり、今回、テンセントがリップルを20億ドル購入するという噂が持ち上がりましたが、今回はフェイクニュースであったとしても、テンセントがXRPを所有しようとするのは時間の問題であると思います。

まとめ:テンセントがリップルを買い始めたら面白い

あくまでも仮定の話なので今回は、へぇーくらいで読んでいただけると幸いです。

 

公式発表は出てませんが、ゆくゆくは、ほとんどの企業がリップルネットワークに入ってくると思います。

 

テンセントの20億ドルのリップル購入ニュースが本当だったら、今後、どんどん面白い世の中が実現されるなーとワクワクしますね。

リップルを購入するならおすすめの販売所・取引所3選

リップル取引所ならbitbank(ビットバンク)

ビットバンクのステータス

取扱通貨 リップル

ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

モナコイン

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・コールドウォレット対応

・マルチシグ対応

使いやすさ 初心者でも簡単(アプリ無し)
通貨の購入方法 取引所のみ(ビットコイン以外も安く購入できる)
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
・板取引の手数料が全て無料
・板のスプレッド手数料も安い
・アルトコインもすべて板取引ができる
・上場しているすべての通貨がコールドウォレット対応している(セキュリティが高い)
・BTCの最大レバレッジが20倍追加証拠金なしで可能。

リップル販売所ならGMOコイン

gmoコインのステータス

取扱通貨 リップル

ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

イーサクラシック

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・コールドウォレット対応

・マルチシグ対応

使いやすさ ウェブもアプリも使いやすい
通貨の購入方法 販売所のみ(ビットコイン以外も安く購入できる)
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
大手GMOグループの子会社が運営していて信頼感・安心感がある。
・ビットコインFXのレバレッジが最大25倍と国内最大
・トレードアプリ「ビットレ君」はチャートの機能が豊富で見やすい
・取引手数料は無料
・しかしスプレッド手数料は若干高い

リップルならバイナンス(BINANCE)

binance

取扱通貨 リップル

ビットコイン

イーサリアム

他100種類以上の通貨を取扱い中

取引手数料 0.1%
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・パズルピースセキュリティー

使いやすさ ウェブもアプリも使いやすい
通貨の購入方法 取引所のみ(ビットコイン以外も安く購入できる)
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
指値を入れて自分の好きな価格で購入できる
・スプレッド(売買価格差)手数料がかなり安い
・海外の取引所で有名/日本語対応している
・ハードフォークした通貨は今まで100%貰えている

コメントを残す

最新情報の関連記事
  • IBMとステラ(Stellar)製品(BWW)の実用化 リップルとの国際送金争い
  • SBIによるXRP基軸仮想通貨取引所VCTRADEがナンバーワンになる方法
  • リップル(XRP)がカナダ大手仮想通貨取引所コインスクエアに上場
  • リップル社チームに David SchwartzとKahina Van Dykeの 2人が加入
    リップル社チームにDavid SchwartzとKahina Van Dykeの2人が加入
  • リップルのプラットフォーム『xCurrent』を徹底解説
    リップルのプラットフォーム『xCurrent』を徹底解説
  • インドのコタック・マヒンドラ銀行がリップルのxCurrentを採用
    インドのコタック・マヒンドラ銀行がリップルのxCurrentを採用

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事