Walton(ウォルトン)|WTCとは?今後の相場・将来性・取引所を解説

多数ある仮想通貨の中で最近walton(ウォルトン)という仮想通貨が注目を集めております。

 

waltonは一体どのような特徴をもった仮想通貨なのでしょうか?

 

今回はwaltonの「仕組みや技術」「時価総額や現在の価格」「どこに取引所があるのか?」などについて詳しく解説していきたいと思います。

 

ぜひ、最後までお読み頂きwaltonについて詳しくしっていただきたいと思います。

Walton(ウォルトン)|WTCとは何か?初心者でも簡単に分かる概要

Waltonは、ブロックチェーン技術とRFID技術を組み合わせてIoT(Internet of Things)にネットワークを構築するために作られた仮想通貨になります。

 

後ほど、RFID技術やIoTについて詳しく解説していきたいと思います。

 

waltonの特徴や仕組みについて解説する前に、簡単にwaltonの概要をまずは解説したいと思います。

walton(ウォルトン)|WTCの入門まとめ|マネピwiki

通貨の名前 Walton(ウォルトン)
通貨単位 WTC
発行上限枚数 100,000,000 WTC
取り扱い国内取引所 なし
取り扱い国外取引所 Binance,KuCoin,HitBTC,
開発組織 Do Sanghyuk, Xu Fangcheng
公式サイト https://www.waltonchain.org/
ホワイトペーパー  https://www.waltonchain.org/#anchor2

walton|WTCのスペックをビットコインと比較

比較項目 walton bitcoin
総発行枚数 1億枚 2100万枚
取引承認システム PoST(Proof of Stake & Trust) PoW(Proof of Work)
取引承認スピード 約30秒 約10分
ブロックサイズ - 1MB
半減期 なし 210,000ブロック毎

Walton(ウォルトン)|WTCの特徴とは?仕組みや技術ついて解説

wtcがどのように使われて、どのように普及していくのでしょうか?

 

waltonを一言で説明すると、ブロックチェーンとRFIDの技術を使いサプライチェーンを管理する際に使われる仮想通貨(トークン)になります。

 

waltonの仕組みや特徴について順を追って一つずつ詳しく解説していこうと思います。

Waltonで利用されるRFID技術とは?

REID技術

RFID(Radio Frequency IDentification)とは、無線通信によって個別の情報を認識できる自動認識システムです。

 

この技術を使うことで、ID情報を埋め込んだRFタグから、電波を通して無線で情報をやり取りできる技術になります。

 

あなたの身近な周りでもこのRFIDの技術は利用されています。

 

 

 RFID技術の例

電車やバスに乗る際に利用する電子マネーのSuicaも同様の技術が使われており、Suicaを改札にかざすと扉が開くようになっています。

 

 

このRFID技術を発明したのが、「Charlie Walton(チャーリー・ウォルトン)」さんの名前を取って、この通貨名がwaltonになりました。

独自のブロックチェーンの技術「Waltonchain」×IoT

まずはじめに、IoTについて簡単に解説したいと思います。

 

 

 IoTとは?

Internet of Thingsの略で、情報機器に限らずすべての「モノ」がインターネットを通じてお互いが情報交換できる仕組みのことを言います。

 

最近では、メディアでも良くIoTが取り上げられているので耳にする方も多いのではないでしょうか?

 

モノにある情報をすべてwaltonchainで管理するという仕組みになります。

waltonchainがサプライチェーンの情報を分散管理

サプライチェーン

waltonが独自に開発したwaltonchainの技術とRFIDの技術を使い、サプライチェーンを管理します。

 

 サプライチェーンとは?

原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでの全プロセスの繋がりの事を言う。

 

つまり、ブロックチェーンで商品が減量からお客様に届くまでの情報をブロックチェーン上に分散管理して保存する機能があります。

waltonchainでサプライチェーンを管理し商品の改ざんができないように

waltonchainによって、原材料から商品ができるまでをすべての工程の情報を管理することで、情報の改ざんを防ぎます。

 

つまり、これまで原料元がわからなかった水産物や野菜、見分けがつかない偽物のブランド品などすべての商品の元の情報が分かるようになります。

 

情報をブロックチェーンで管理することで以下のようなメリットがあります。

 

  1. 精度の高いセキュリティー
  2. 追跡ができ、元に戻ることを可能にした
  3. 偽造を防止できる
  4. 労働コストがかからない

マネー博士X
説ブロックチェーンで管理されているから絶対に情報の改善はできないから、安心して商品を買えるようになるぞ〜!

waltonの通貨が実際にどのように使われるのか?

waltonのイラスト

上図は、white paperに載っているwaltonchainの図になります。

 

中国語でわかりづらいですが、それぞれ製造、卸業者、物流、店舗といった「親チェーン」(濃い青)があり、親チェーンの下に、様々な「子チェーン」(薄い青)があります。

 

製造元という「親チェーン」の下に、採取日、無農薬の有無、製造者の会社、製造者の名前といった「小チェーン」が作成できるということになります。

 

具体的なイメージできないと思いますので、WTCがどのように使われるのか?具体例を出して解説したいと思います。

 

【野菜をwaltonchainで管理した場合】

 

1.野菜の製造元

作られた野菜の袋ごとにRFIDを生成する

 

2.野菜の卸業者

製造商品の情報と繋ぐためにWTCコインを支払う(各部門で情報を記録してくれる)

 

3.店舗までの物流

輸送における状態や情報を繋ぐためにWTCコインを支払う(状態や情報を記録してくれる)

 

4.店舗・スーパー

製品ステータスの状態や情報を記録する(WTCコインで購入すると、これまで記録した情報を確認できる)

 

このように様々な業界の労働コストを消滅できるだけでなく、WTCで購入する側も情報を確認できるなどのメリットがあるのです。

 

Walton|WTCの仕組みや特徴を動画で理解しよう!

waltonの公式YouTubeからwaltonのコインの仕組みについて解説してある動画があります。

 

英語でわからないところもあるかと思いますが、上記の説明を読んだあとに見ると理解できるかと思います。

 

ぜひ、一度ご覧になってみてくださいね。

ウォルトンコイン(WTC)の現在の相場チャートと時価総額とは?

ウォルトンコインの現在の相場チャートや、時価総額について紹介していきます。

リアルタイムで見るウォルトンコインの現在のドルレートと価格推移

今現在のリアルタイムで見たウォルトンコインのドルレートと価格推移は以下のようになります。




WTCの現在の時価総額ランキングは何位?

以下のRANKの位置にある数字が今現在の順位になります。

Walton(ウォルトン)の最新ニュースから分かる将来性!今後の動向は?

ウォルトン公式サイトや公式Twitterなどからの最新ニュースの動向から、ウォルトンコインの今後の将来性について解説していきます。

Waltonchainは今年1月10日にビジネスの急速な発展を実現する為Coinnestと協力

Waltonchainは1月10日にビジネスの急速な発展を実現する為に、Coinnestと深い協力に合意し、Coinnestへの戦略的投資を予定されています。

 

韓国最大の取引所の一つでもあるCoinnestと協力することで、Waltonchainによって開発された商用アプリケーションを実現し、韓国の基盤を拡大できるのです。

 

将来的には、WaltonchainとCoinnestが協力して、優れたブロックチェーンとプロジェクトをサポートし、ウォルトンの新しい商業システムを広げていく考えです。

IoTを推進するためのWaltonプロジェクト計画が実行中

ウォルトンはブロックチェーンの組み合わせと、IoT(Internet of Things)を推進するプロジェクトを計画中です。

 

IoTを推進することによって、あらゆるもののデータを安全に共有できるもののインターネットのビジネスモデル実現を目指しています。

 

Waltonプロジェクトを実現する為に4つのステップが考えられています。

 プロジェクトフェーズ1.0

プロジェクトフェーズ1.0では、従来の「衣料品業界」「小売店」「アフターサービス」などに一連する深刻な問題を解決する為に、RFIDに基づくチップを開発されました。

 

RFIDチップの非対称暗号アルゴリズムを結合することによって、ブロックチェーンとIoTの完全な融合が期待されているのです。

 

独自のRFIDチップを開発すると、次のステップに向けての準備を行うようです。

プロジェクトフェーズ2.0

プロジェクトフェーズ2.0では、独自に開発したRFIDチップの大量生産が始まります。

 

また量産されたチップを衣料品やB2Cの小物や物流に使用し、ロジスティック業界全体のビジネスプロセスが達成できるとされています。

 

独自のRFIDで「情報のリンク」「価格設定」「発注」「梱包」「保管」「流通」「仕分け」「店舗管理」「派遣」など業界に関わるデータ構造を照合できるようになります。

 

安全で信頼できる物流情報チャンネルを、構築した自動化管理情報プラットフォームを提供することを目的としています。

プロジェクトフェーズ3.0

フェーズ3.0になると、独自のRFIDによって、身元確認に基づいて信頼性と真正性を保証できるようになります。

 

材料から生産、作業、包装、在庫管理などを含むすべてのプロセスが対象となり、品質問題の原因まで追跡可能になるそうです。

 

根本的に消費者の利益を保証し、偽造の可能性まで排除できるようになります。

プロジェクトフェーズ4.0

Waltonchainプロジェクト最終段階になると、すべての資産がWaltonchainに登録できるようになります。

 

資産情報収集のアップグレードの反復や、ブロックチェーンデータ構造改善により、「資産所有」「取引伝票番号」「商品トレーサビリティ」などの問題までWaltonchainが解決します。

 

仮想空間だけでなく物理的な世界でも幅広く使用されることを目標としています。

ウォルトンの最新のニュースはTwitterやtelegramのコミュニティツールが早い!

Walton(ウォルトン)の最新ニュースをチェックする時に、どこを調べたらいいのでしょうか?

 

ウォルトンの公式サイトにもあがっていない最新ニュースはTwitterやtelegram(テレグラム)、のコミュニティツールが早いです。

 

 

 

 

telegram公式コミュニティは以下からグループに入ることができます。

 

https://telegram.org/

 

WTCの購入方法は?オススメの取引所をご紹介

ウォルトンコインは日本の取引所はなく、購入できるところは海外のBinance,,KuCoin,HitBTCになります。

 

その中でも取引高が高いおすすめの取引所はBinanceです。

 

Binance公式サイトはこちら

 

日本国内の取引所で扱っている所はありません。

 

なので、まずは国内の取引所で「BTC」「ETH」のいずれかで購入します。

 

その後、Binanceに送金してwtc/btcもしくはwtc/ethで売買することができます。

 

まだ日本国内の取引所の口座を持っていない方にオススメの取引所はセキュリティも高いbitflyerです。

 

ビットフライヤー公式サイトはこちら

walton|wtcの仕組みから買い方までのまとめ

ウォルトンはまだまだ発展途上の仮想通貨ではありますが、Waltonプロジェクトで新しいビジネスシステムが構築されると、将来性がある仮想通貨と言えるのではないでしょうか。

 

Waltonプロジェクトが完成すれば世界中の生産スタイルが変わり、人々の生活も変わってくるはずです。

 

プロジェクトは4つのステップで開発計画されていますが、全て解決されると投資家たちにも素晴らしい報酬をもたらす可能性もある成長が楽しみな期待のトークンです。

 

ぜひ、waltonに魅力や可能性を感じた方は買ってみてくださいね。

 

情報が出てすぐに売買できるようにbinanceにbtcやethを送金しておいて、準備しておくのでも良いでしょう。

 

Binance公式サイトはこちら

 

まだ、日本の取引所を登録してない方は、したにオススメの国内取引所をまとめておきましたので、ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

 

フッターランキング

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクのステータス

取扱通貨 ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

モナ

リップル

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・コールドウォレット対応

・マルチシグ対応

使いやすさ 初心者でも簡単(アプリ無し)
通貨の購入方法 取引所のみ(ビットコイン以外も安く購入できる)
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
・板取引の手数料が全て無料
・アルトコインもすべて板取引ができる
・上場しているすべての通貨がコールドウォレット対応している(セキュリティが高い)
・BTCの最大レバレッジが20倍追加証拠金なしで可能。

GMOコイン

gmoコインのステータス

取扱通貨 ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

リップル

イーサクラシック

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・二段階認証有り

・コールドウォレット対応

・マルチシグ対応

使いやすさ ウェブもアプリも使いやすい
通貨の購入方法 販売所のみ
取引所の出来高 取引高が高く安定して取引できる
大手GMOグループの子会社が運営していて信頼感・安心感がある。
即時入金手数料が無料(ほかは1000円ほどするところもある)
・ビットコインFXのレバレッジが最大25倍と国内最大
・トレードアプリ「ビットレ君」はチャートの機能が豊富で見やすい

BITPoint(ビットポイント)

取扱通貨 ビットコイン

イーサリアム

ライトコイン

ビットコインキャッシュ

リップル

取引手数料 無料
セキュリティの高さ ・アイ・エス・レーティングによる情報セキュリティ格付け『A』

・コールドウォレットとホットウォレットの利点を組み合わせた自社開発ウォレットで管理

・マルチシグ対応

使いやすさ ・取引ツールが使いやすい!MT4を導入

・提携銀行が多い

通貨の購入方法 取引所のみ
取引所の出来高 取引高が少な目
親会社は東証二部上場のリミックスポイントであるビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所であり、資金が豊富で信頼できる取引所
取引所独自のセキュリティ体勢で信頼度が高い
取引ツールが充実しており、初心者から上級者まで満足できる
コメントを残す

アルトコインの関連記事
  • ライトコイン(LTC) はどこで買うのがお得?仮想通貨取引所も解説
    ライトコイン|LTCを賢く買おう!お得な買い方や取引所を解説
  • 仮想通貨カルダノ
    仮想通貨Cardano(カルダノ)|ADAとは?仕組みや特徴・取引所や将来性
  • EtherreumClassic
    イーサリアムクラシック(ETC)とは?特徴や今後の将来性を解説
  • 仮想通貨EOS(イオス)とは?特徴や今後の将来性、相場を解説
  • 仮想通貨LISK(リスク)|LSKとは?特徴・仕組みや今後の将来性を解説
  • 仮想通貨Tradingene(トレイディンジーン)|TNGとは?特徴や今後の将来性

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事